山本淑子ハーブ・アロマアカデミー


 
会社名 アロマラボ株式会社
代表取締役 山本 淑子(やまもと よしこ)
郵便番号 〒541-0044
所在地 大阪市中央区伏見町3-2-8 池芳ビル5F
電話番号 0120-170-802
FAX番号 06-6226-1877
アクセス
  • 地下鉄御堂筋線「淀屋橋」11番出口徒歩3分
  • 京阪本線「淀屋橋」16番出口徒歩5分
  • 地下鉄堺筋線「北浜」6番出口徒歩4分
取引銀行 東京三菱UFJ銀行 船場中央支店  大阪商工信用金庫 本店営業部
事業内容
  • アロマやハーブの専門知識を教授し、スペシャリストを育成
  • 「ピエール・フランコム」の日本正規総代理店
  • アロマテラピー、ハーブ関連商品の製造・卸・小売
  • アロマテラピー、メディカルハーブに関するコンサルタント
  • EIAJ国際アロマテラピー学術協会法人会員
  • 日本アロマセラピー学会法人会員
  • 公益社団法人日本アロマ環境協会法人会員
  • NPO法人日本メディカルハーブ協会法人会員
ホームページ http://www.aromalab.co.jp/

1991 ロンドンでロバートティスランド氏よりアロマの指導を受ける
1992 マギーティスランド女史よりアロマテラピーの指導を受ける
1993 誠文堂新光社の月刊誌「ハーブ」にアロマテラピー連載
1994 ベルギー・ナチュロパティー校長(薬学博士)D.ボドゥー氏よりメディカル・アロマテラピー指導者のディプロマを授かる
1995 1月17日阪神大震災で芦屋市自宅が被災し大阪へ移転
1995 ブティック社より「ハーブ&ポプリクラフト」出版
1996 ブティック社よりアロマテラピー「芳香療法」、誠文堂新光社より「香りでいきいきアロマテラピー」出版/NHKおしゃれ工房出演
1997 グリーンフェスタひろしまにて日本で初めての「香りのパビリオン」総監修
1998 ブティック社より「暮らしのなかのアロマテラピー」出版/「マルコムヒリヤーのハーブガーデン」日本語監修出版/「香りの療法 アロマテラピーを楽しむ」出版
1999 NHK出版より「香りの草花ハーブ」共同執筆出版
2000
  • 花博ジャパンフローラ淡路・シンポルゾーンに「花とかおり」展示
  • 日本アロマテラピー協会の第1回アロマテラピープロフェッショナルに認定される
  • 南フランスにて、薬学博士フランシス・アジ・ミナグルよりフィト・アロマテラピー(レベル1)のディプロマを授かる
2002
  • NHKの朝ドラ「まんてん」で整体師役の生瀬勝久にアロマテラピーの実技指導
  • ピアス株式会社ヴェーダヴィー事業部より発売するアロマ「フレグラントセラピー」をプロデュース
2004
  • ブティック社より「香りの療法 アロマテラピーを楽しむ」再版
  • 大和ハウス工業株式会社のホームページに「アロマテラピー」連載
  • 白十字株式会社のコミュニケーション紙に「アロマテラピー」120日連載
  • 株式会社電通の電通報3月号「風韻」に香りのエッセイ掲載
  • 日本アロマテラピー学会関西地方会において「開業医が行ってきたアロマテラピー」を発表
2005 リーガロイヤルホテル大阪に株式会社ノーリツと共同開発でアロマの「ボディーパウダー」2タイプ発表 4月アメニティーグッズに採用される
2006 地球温暖化対策のため、森を守る事業に参加  全国森林組合連合会、㈱ノーリツとのコラボレートにより間伐材を使ったアロマ入浴材を商品化
2007 間伐材を使った入浴剤が林野庁長官賞を受賞
2008
  • 森をテーマにしたディズニー映画「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」ジャパンプレミアの招待を受ける
  • ドミニク・ドラポルタ女史の来日により、エキリーブルのセミナーを開催
2010
  • フレグランスジャーナル社より「アルガンオイルの神秘の力」出版
  • アロマテラピーの第一人者、ピエール・フランコム氏の主宰するEIA(エコールドインターナショナルアロマテラピー)日本校となる
2011 国際アロマテラピー学術協会(EIAJ)理事長に就任
2011 近畿大学農学部非常勤講師就任
2012 「ピエール・フランコム」メディカルアロマテラピー特別セミナー実施
2013 「ピエール・フランコム」メディカルアロマテラピー特別セミナー実施

山本淑子の経歴

1980年 ポプリクラフト協会を有志と発足 会長就任
1984年 大丸心斎橋店「暮らしのなかの手作りフェア」にて作品発表
1985年 千疋屋ギャリーにて「ポプリと田村セツコ」原画展にポプリクラフト展示
同年ロイヤルホテルにて「山本淑子とハーブのある暮らし展」
講談社より「愛の花うらない」共著
1987~88年 名古屋、福井、大阪、大分にて「香りの美楽展」ポプリクラフト展示
1989年 誠文堂新光社のハーブ、スパイス、ハーブの育て方など共同執筆
1990年 誠文堂新光社より著書「ハーブデザイン」出版/大阪花博のコンテスト審査員
1991年 ロンドンでロバートティスランド氏よりアロマテラピーの指導を受ける
1992年 マギーティスランド女史よりアロマテラピーの指導を受ける
1993年 誠文堂新光社の月刊誌「ハーブ」にアロマテラピー連載
1994年 ベルギー・ナチュロパティー校長(薬学博士)D.ボドゥー氏よりメディカル・アロマテラピー指導者のディプロマを授かる
1995年 1月17日阪神大震災で芦屋市自宅が被災し大阪へ移転
1995年 ブティック社より「ハーブ&ポプリクラフト」出版
1996年 誠文堂新光社より「香りでいきいきアロマテラピー」出版/NHKおしゃれ工房出演
1997年 グリーンフェスタひろしまにて日本で初めての「香りのパビリオン」総監修
1998年 ブティック社より「暮らしのなかのアロマテラピー」出版/「マルコムヒリヤーのハーブガーデン」日本語監修出版/ 「香りの療法 アロマテラピーを楽しむ」出版
1999年 NHK出版より「香りの草花ハーブ」共同執筆出版
2000年 花博ジャパンフローラ淡路・シンポルゾーンに「花とかおり」展示 日本アロマテラピー協会の第1回アロマテラピープロフェッショナルに認定される
2001年 南フランスにて、薬学博士フランシス・アジ・ミナグルよりフィト・アロマテラピーのディプロマを授かる
2002年 NHKの朝ドラ「まんてん」で整体師役の生瀬勝久氏にアロマテラピーの実技指導ピアス(株)ヴェーダヴィの「フレグラントセラピー」をプロデュース
2004年 ブティック社より「香りの療法 アロマテラピーを楽しむ」再版
大和ハウス工業株式会社のホームページに「アロマテラピー」連載
白十字(株)のコミュニケーション紙に「アロマテラピー」120日連載
(株)電通の電通報3月号「風韻」に香りのエッセイ掲載
日本アロマテラピー学会関西地方会において「開業医が行ってきたアロマテラピー」を発表
2005年 (株)ノーリツとコラボでアロマ「ボディーパウダー」2タイプ、リーガロイヤルホテル大阪アメニティーグッズに採用される。
2006年 地球温暖化対策のため、森を守る事業に参加。全国森林組合連合会、㈱ノーリツとのコラボにより間伐材を使ったアロマ入浴材を商品化。
2007年 間伐材を使った入浴材が林野庁長官賞を受賞。
2008年 1月/フランスの自然療法士ドミニック・ドラポルト先生による「エキリーブル」メソッド・アロマ人相学集中講座実施
4月/森をテーマにしたディズニー映画「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」ジャパンプレミアの招待を受ける。
11月/「森の香りとハーブの癒し展in銀座」アンフルラージュによる精油採取法の展示会開催
2010年 10月/「アルガンオイルの神秘な力」フレグランスジャーナル社より出版
2011年 3月/ピエール・フランコムがパリで主宰するエコール・インターナショナル・アロマテラピー(EIA)の唯一の日本校として第一回集中セミナー実施
2012年 5月/ピエール・フランコム第二回集中セミナー「アロマテラピーでアンチエイジング」実施
9月/第16回香りのセミナー実施


ページトップへ